2007年02月28日

サラダ菜

キク科。旬は早春。葉が薄く、ねじれたものは歯触りが悪いため選ばない。

サラダ菜は、文字通りサラダに入れて生で食べる。あくまでも添え物だが、濃い緑色はサラダ全体の彩りをよくする。

春菊と同じキク科の野菜で早春が旬である。消費地は東京など都心部が中心で、鮮度が何より要求される野菜のため、その周辺が生産地となる。原産地は、アジアから西欧まで広域にわたっている。古代から食べられたといわれ日本には平安時代あたりに伝わってきた。

古くからある野菜のわりには、今ひとつなじみが薄いのは、あまり特徴がないため。しかし、考えようによってはクセがなく、脇役としてはとてもよい野菜だ。

ビタミンA(およびカロチン)を多く含み、鉄分も豊富。血肉を作るほか、目にもよい。葉全体に油を強いたような光沢とみずみずしさがあり、緑色が映える物がよい。葉が薄く、ねじれているものは避けたい。

関連ページ一覧
収穫(サニーレタス、青梗菜)/菜っ葉が大好き!/メイのしこりと2日間の/2月26日のごはん 久々の/2月27日のお弁当/お弁当:チキンナゲット 他/わが家の庭に春が来た/エビフライ 菜の花のツナクリームソース和え/ふんわり卵のポケットサンド弁当\(^o^)/ガーデニング 種子 野菜 葉茎類/8日ぶりに畑へ/新居初夜(*´ェ`*
posted by nice_d at 11:39| Comment(3) | TrackBack(4) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。