2007年03月06日

海松貝(ミル貝)

バカガイ科。旬は冬から春。すし種、酢の物で味わう。

水管に着生している海藻の海松を食べていると誤解して海松貝と名づけたといわれる。
殻はやや楕円形で、長さは約13センチ。殻は厚いがもろく欠けやすい。ミルガイは別名。
殻の表面は暗褐色で、左の太くて長い水管(黒い)は、革質の皮に包まれている。水管が白くて大きいのは「ナミ貝」といい、別名「白ミル」と呼ばれている。
水管が食用となるが太いほどおいしい。一般に食べているのは水管の黒いミルガイのほう。

関連ページ一覧
お寿司大好き!/ノドグロ入りました/仕入れ/07年02月…暖冬では/お疲れ;; なんで?;;/やさしさライセンス/今年は築地/LA CHASSE(ラ シャッス)/久しぶりの神戸〜♪/出張寿司//DAL MATTO 西麻布/クラブ作りに励んでみる。/広島「かわとも」で魚!/銀座寿司処まる伊 赤坂みすじ/シホのグルメ日記-3 カウンター割烹『/★笑顔急騰!/家ご飯 菜の花入りペペロンチーノ
posted by nice_d at 12:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。