2007年03月23日

胡麻和え(ごまあえ)

ゴマ科。ゴマはゴマ科の香辛料。

健康食品ブームの中で、不老長寿のもととして見直されているのがゴマ。白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマがあり、原産地はアフリカといわれる。日本には中国から伝わった。

ゴマには質のよいリノール酸など不飽和脂肪酸が含まれ、コレステロールを取り除き、動脈硬化の予防になる。抗酸化作用をするビタミンEも多く、栄養価も高い。肌を美しく保つ効果もある。

十分にすりつぶしたゴマに、醤油で調味した野菜類を和えたものを、胡麻和えという。野菜はホウレンソウがメジャー。その他にも、コマツナ、シュンギク、セリ、タラの芽、ウドなどが使われる。

ゴマは十分にすらないと消化、吸収されない。また、いってから用いるのが原則。最近はスーパーに煎りゴマがあるのでそれを食べる前にするといい香りも広がりうまさが倍増する。

ドレッシングのかわりにポン酢とすりゴマを野菜にかけて食べてもおいしい。
posted by nice_d at 07:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。