2007年02月22日

早食いはいけません

戦国時代には一寸先は闇「早食い、早グソ、早走り」が武士が戦場で生き残るための知恵でした。
つまり、戦場はいつ敵が来襲するか分からない。食事も早くすませ、出陣の準備に取りかかりました。

しかし、この「早食い」は身体によくないことは現代では当たり前です。なのに、仕事が忙しかったり少しでも長く休憩したいとやってしまいますよね。がく〜(落胆した顔)

でもよく考えてください。
「早食い」をするから「大食い」になってしまうと思いませんか?
要するに脳に「お腹がいっぱいになりましたー」の情報が伝わる前に食べ過ぎてしまいます。

ゆっくり食べるとその情報が食べるのと同じように伝わるので食べすぎにならないのです。わーい(嬉しい顔)
おまけに満足感も得られるのです。るんるん

で、どうすれば「早食い」にならないで済むのか・・・

ひらめきそれは、感謝して食べるのです。ひらめき

今日もおいしいご飯を作ってくれてありがとうと感謝しながら食べると自然とよく噛むようになります。

今日から試してみてください。
posted by nice_d at 10:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

キムチ鍋ダイエット(・ω・)/
Excerpt: ←まずはクリック ことダイエットに関しては結果が全てです。 根拠がなくても科学的に怪しくても痩せればいんですヤセればっ←医者の言葉とは思えません。 もちろん安全であることは大前提ですが(..
Weblog: 脱メタボリック〜内科医師が語る生活習慣病とダイエット〜
Tracked: 2007-02-22 21:21
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。