2007年03月15日

筍(たけのこ)、竹の子

イネ科。旬は春から初夏。堀たて直後はえぐみがなく生食できる。

タケノコは古名をタカンナという。食用にされる大半のタケノコはほとんど中国原産の孟宗竹。孟宗竹は16世紀に鹿児島に渡り、全国へ広がったが、京都のタケノコが有名。

旬は3月中旬頃から5月はじめにかけての短期間。それ以後は、大きくなりすぎて、かたく、食用にならない。タンパク質、カルシウム、ビタミンB、Cを多く含む。

ごく新鮮な物は刺身で食べるとおいしい。あぶったり、ワカメと合わせる、味噌汁の具にする、和え物にするなど食べ方は多い。
posted by nice_d at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。