2007年03月21日

ダイエットのために走っても痩せない

ダイエットのために走っても痩せないのはなぜでしょう

これには、いくつか問題があると思います

●すぐに体重は落ちません

1週間で何キログラムも体重が落ちるものではありません。
1週間で激ヤセするのは食事制限をするからなので、食事制限を
しないランニングでは体重の変化が起こるのに2週間ほどかかり
ます。
それも1kgとか1.5kgのように少しずつです。


●一度体重が落ちたあと体重が横ばいで推移します

2kgほど体重が落ちた後、毎日運動をしているのに体重の変化
が起こらない期間があります。
この期間(約10日〜2週間)では、身体が生まれ変わっていま
す。
運動をすることによって体脂肪が落ちるので今までよりもっと効
率よく食べ物を吸収しようとします。
また、筋肉を使うようになるので、吸収した栄養を筋肉の発達・
修復に上手に使えるようにもなろうとしています。
この身体の生まれ変わりが一段落したら体重が少しずつ落ちてい
くでしょう。


●走る回数が少ない

最初の1週間は頑張って走ったけどあとは週1回
これでは、痩せないでしょう。
どうしても痩せたいならランニングを30分週3回程度するか、
食事を今の量より減らしてみてください。
食事を減らすときには、まず揚げ物、肉を食べないようにして野
菜を多く食べるようにしてください。


●体重が1ヶ月以上かわらない

体重が変化しないのは、あなたの身体が今の運動に対応できてい
るからです。
長期間同じことを繰り返していると身体はそれに慣れます。
慣れると、変化は起こらなくなります。
ここからは、体重だけでなく体脂肪率も痩せることに目安になり
ます。一度体脂肪率を測ってください。

体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしていきます。
ランニングでは坂道を上る、腕を引くことを意識して走ると体脂
肪率が落ちてくるでしょう。


ランニングで特に注意しておきたいのは、腕振りが大切なことで
す。
ランニングに腕は関係ないだろうと思ったら大間違いです。
腕振りが脚の次に大切なのです。

腕を引くことに意識することで上半身も使うようになります。
この上半身を使う走り方は背筋が伸びていなければできません。

背筋を伸ばすには、頭が上から吊られている感じで立ってみてく
ださい。下腹に力が入りお尻が前にでます。
これを、骨盤を立てるといいます。
そうすると背骨が伸びて姿勢がよくなります。
こうなってはじめて腕を引いたときに脚が前に出るようになります。

そして、腕が引けるようになると胸の周り、背中、お腹、腰回り
の筋肉を総動員するようになるので、より多くの筋肉を使うよう
になり消費エネルギーが増えます。また、その周りの脂肪も燃焼
します。
さらに嬉しいことに、ランニングが今までより楽になります。

体重が減らないからとランニングを諦めるのではなく、少し工夫
してください。工夫の繰り返しがあなたの身体をシャープにする
のです。
posted by nice_d at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。