2007年03月22日

針魚(さより)

サヨリ科。旬は春。別名ハリウオ(針魚)

日本海沿岸、台湾などに多く分布する。30〜40センチ級の大型のサヨリをカンヌキ、ヨド、スズ、ハリウオ、クチナガなどともいう。

脂がのったカンヌキは高級魚で、100グラムを超えるものになると相当高値で取引される。その刺身を糸づくりといい、なかなか食べられるものではありません。

店頭に並んだサヨリは、腹部が銀白色のものが鮮度が高い。ココが褐色になっていると古い証拠。
posted by nice_d at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。