2007年04月26日

蕗(ふき)

キク科。旬は早春から春。栽培ものより、自生したもののほうが苦みが強い。緑色が鮮やかで茎の太さが均一なら良品

日本全国の山野に自生する。日本特有の山菜で、「愛知ブキ」「秋田ブキ」などの産地の名を付けてたものや生育する場所によって「山ブキ」「水ブキ」「岩ブキ」などと呼ぶ。多年生なので一度植えると毎年芽が出る。

品質がよいといわれるのは「水ブキ」で、葉柄は淡い黄緑色。繊維も苦みも少なく、食べやすい。カロチン、ビタミンB類、鉄分を含む。

蕗は山野に自生するほうが栽培ものより苦みは強く、やや硬いがフキ独特の香りがある。市場に出回るのは栽培ものが多く、夏場の8〜9月を除いて出回っている。旬は4〜5月頃。


子供の頃は親父が山からフキをとってきてそれを煮た後に刻んで味噌で和えてご飯につけて食べていました。でも苦くて変な匂いがしたので食べられなかった記憶があります。
今はでちゃんと食べられるようになりました。
ご飯もいいけど、冷奴につけて食べてもおいしいですよね。
posted by nice_d at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

レトルト食品(れとるとしょくひん)

正式名はレトルトパウチ食品。原材料名、添加物の有無、賞味期限などを確かめて買う。

保存食品といえば缶詰よりレトルト食品が一般的です。レトルトとは高圧殺菌釜のことで、100度を超える高温で食品を殺菌処理している。袋ごと熱湯や電子レンジで温めるだけで手軽に食べられるので一人暮らしでは、カップラーメンと同じくらいの必需品になっている。

代表格はカレーで、全商品の30%以上を占める。ほかにもシチュー、ハヤシ、麻婆豆腐、ドンブリなどがある。
業務用ではさらに種類が多く味付け済みの肉、煮物、魚、サラダなどレトルト食品だけで店が出せるほどの種類がある。

飲み物以外は全部レトルト食品でメニューを作ることもできるくらいです。

非常に便利な食品ですが、保存料などの添加物が入っている・味付けが濃いので常食することは勧めません。

自分で創意工夫して手作りでもおいしいものを食べれるようにしましょう。
posted by nice_d at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

胡麻和え(ごまあえ)

ゴマ科。ゴマはゴマ科の香辛料。

健康食品ブームの中で、不老長寿のもととして見直されているのがゴマ。白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマがあり、原産地はアフリカといわれる。日本には中国から伝わった。

ゴマには質のよいリノール酸など不飽和脂肪酸が含まれ、コレステロールを取り除き、動脈硬化の予防になる。抗酸化作用をするビタミンEも多く、栄養価も高い。肌を美しく保つ効果もある。

十分にすりつぶしたゴマに、醤油で調味した野菜類を和えたものを、胡麻和えという。野菜はホウレンソウがメジャー。その他にも、コマツナ、シュンギク、セリ、タラの芽、ウドなどが使われる。

ゴマは十分にすらないと消化、吸収されない。また、いってから用いるのが原則。最近はスーパーに煎りゴマがあるのでそれを食べる前にするといい香りも広がりうまさが倍増する。

ドレッシングのかわりにポン酢とすりゴマを野菜にかけて食べてもおいしい。
posted by nice_d at 07:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

針魚(さより)

サヨリ科。旬は春。別名ハリウオ(針魚)

日本海沿岸、台湾などに多く分布する。30〜40センチ級の大型のサヨリをカンヌキ、ヨド、スズ、ハリウオ、クチナガなどともいう。

脂がのったカンヌキは高級魚で、100グラムを超えるものになると相当高値で取引される。その刺身を糸づくりといい、なかなか食べられるものではありません。

店頭に並んだサヨリは、腹部が銀白色のものが鮮度が高い。ココが褐色になっていると古い証拠。
posted by nice_d at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

太る原因

カロリーの摂りすぎ、運動不足、代謝機能の衰え、ストレス解消ができないなどが原因の場合が多い。

よるになると何か食べていないと落ち着かず、いつも何かを食べてしまう人が増えています。
帰宅途中にコンビニによって大量の食べ物を買って、昼間の仕事のイライラを晴らすのが目的です。運動不足などの原因に加え、ストレスが原因の場合が多くなっています。

次の項目にどれくらい当てはまるかチェックしてください
●ジュース、コーラなどの甘い飲み物が好き
●スポーツドリンクは身体にいいのでよく飲む
●酒が好きで毎晩飲む
●残りものにまで手を出す
●油っこい料理が好き
●味付けの濃い料理が好き
●毎日、2食は外食する
●早食い
●朝食を抜く
●夜、寝る前に食べる
●食事時間が不規則
●不眠、熟睡できない
●便秘がち
●運動不足
●食事は食べられれば何でもいい
●ストレスが解消できない

あなたはどれくらい当てはまりましたか。
半分以上当てはまる場合は痩せているようでも内臓脂肪がたまっている可能性大です。

肥満は、感染以外の病気の原因であるといってもいいくらいです。
食事に関心を持つ、運動する、ストレス管理を積極的に行いましょう。
posted by nice_d at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

鹿尾菜(ひじき)

ホンダワラ科。旬は春から夏。海中では黄褐色。乾くと黒くなる。

ヒジキの古名は、ヒジキモ、ヒジキモノといい、その形が鹿の角ににているところから鹿尾菜と書く。
産地はおもに北海道以南の太平洋沿岸と壱岐、対馬付近に分布し、日本海沿岸には少ない。潮の干満の差が大きい沿岸で取れ、3月から4月頃鎌で刈り取る。

ヒジキには、ヨードをはじめ灰分などの成分が多量に含まれているので、血管の硬化を防ぎ、常用すれば歯も丈夫になる。昔から妊娠するとヒジキを食べるようにといわれたが、胎児の骨の発達をよくするなど、色々の効能がある。

また、常用すると髪の光沢もよくなるといわれている。
(髪の毛が増えるわけではありません)
posted by nice_d at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

アルファルファ

マメ科。旬は特になく1年中出回ってる。水につけすぎない。

アルファルファは西南アジアが原産地。食用にするのは幼芽。もやしのように青臭さがなく、そのまま生でドレッシングで和えて食べられる。

ヨーロッパでは牧草として「ルサーシ」と呼び、牛や馬に食べさせていた。タンパク質、ビタミンC、食物繊維などを含んでいることから、健康食品としても注目されるようになった。

家庭でも簡単に栽培できる。スーパーや園芸店で種を買い、トレーや果物、カイワレなどのポリ容器に穴を開け種を入れて受け皿に置き水を与えて(通す)黒い布をかぶせる。1日に3、4回水を与えると芽が出てくる。数センチになったら食べられる。
posted by nice_d at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

鰊(にしん)

ニシン科。旬は春。春告魚(はるつげうお)と呼ばれる。数の子はニシンの卵巣。

ニシンは、ニシン科の寒冷魚で、体長は30センチくらいになる。北日本から北米、北欧にすむ。東の魚という意味で鰊の時があてられる。3〜5月頃、北海道の東岸付近を中心に産卵にくる。この頃が旬。
かつては年間100万トンも取れ、北海道では、ニシン御殿が建てられた。現在日本での漁獲量は激減し、ほとんどが輸入品に頼っている。

ニシンは塩焼き、昆布巻き、鍋物にする。天日に干したものが身欠きニシンで、タンパク質、脂肪、ビタミンBが多く含まれている。
posted by nice_d at 07:02| Comment(10) | TrackBack(1) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

筍(たけのこ)、竹の子

イネ科。旬は春から初夏。堀たて直後はえぐみがなく生食できる。

タケノコは古名をタカンナという。食用にされる大半のタケノコはほとんど中国原産の孟宗竹。孟宗竹は16世紀に鹿児島に渡り、全国へ広がったが、京都のタケノコが有名。

旬は3月中旬頃から5月はじめにかけての短期間。それ以後は、大きくなりすぎて、かたく、食用にならない。タンパク質、カルシウム、ビタミンB、Cを多く含む。

ごく新鮮な物は刺身で食べるとおいしい。あぶったり、ワカメと合わせる、味噌汁の具にする、和え物にするなど食べ方は多い。
posted by nice_d at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

缶詰(かんづめ)

缶詰の賞味期間は中身によってまちまち。保存食品だが、開けたらしたら器に移し保存する。

缶詰が考えられたのは18世紀末から19世紀のヨーロッパ。日本には明治初期にフランス人から伝わった。缶詰は素材も豊富でサラダ、ピラフ、スパゲティ、サンドイッチなどの料理に手軽に利用できる。

缶詰類は保存食品ですが、安心して長期間おきっぱなしにしておけば品質は落ちます。かといって新しければいいというものでもない。
果実のシロップ付けは製造後6ヶ月〜4年、野菜の水煮缶は製造後6ヶ月〜3年、魚介類の水煮、油漬け、味付けは製造後1年〜5年、蟹、海老、ホタテ貝など硫酸紙で包んであるものは製造から3年以内が賞味期限。
posted by nice_d at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

豚キムチ鍋

昨日の夜、ふと思い立ちました。

久し振りに肉でも食べようかと。

でも野菜も食べたいし、焼くと洗い物が増える・・・
などと考えながら何にしようかと思っていると

やっぱり鍋にたどり着くんですよね

豚キムチ鍋はカンタンでいいですよ。
味付け一切無し、キムチ、豚肉、水、があれば大丈夫。
あとはお好みでこんにゃくや豆腐を入れてもいいですね。

posted by nice_d at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

蒲鉾(かまぼこ)

魚肉の練り製品。白身魚が主体。各地に独自の製法と特産品がある。

かまぼこが文献に登場するのは室町時代といわれている。その頃のかまぼこは、竹の棒を芯に、魚肉のすり身を塗りつけ、焼いた形がちょうど蒲の穂ににていたのでその名がある。豊臣秀吉も好んで食べていたと言われる。江戸時代中期までは自家製が多く、材料はナマズ、ハモ、コチ、キスなどだった。

現在では、グチ、タラ、サメなどを主体にして白身の魚肉を材料にする。白身の魚肉を水にさらし、食塩、砂糖、みりんなどの調味料を加えてすりあわせたあと、形成、加熱して作る。加熱方法で大別すると、板にすり身をつけて蒸し上げたもの(蒸しかまぼこ)、蒸しかまぼこの表面にみりんなどを塗って焼いたものがあり、各地に独特の製法がある。

関連ページ一覧
????※????????????/癒し…/(^_^)/わたしの成分?/
新鮮なのは、弾力があり、白く光沢がある。

2007年03月06日

海松貝(ミル貝)

バカガイ科。旬は冬から春。すし種、酢の物で味わう。

水管に着生している海藻の海松を食べていると誤解して海松貝と名づけたといわれる。
殻はやや楕円形で、長さは約13センチ。殻は厚いがもろく欠けやすい。ミルガイは別名。
殻の表面は暗褐色で、左の太くて長い水管(黒い)は、革質の皮に包まれている。水管が白くて大きいのは「ナミ貝」といい、別名「白ミル」と呼ばれている。
水管が食用となるが太いほどおいしい。一般に食べているのは水管の黒いミルガイのほう。

関連ページ一覧
お寿司大好き!/ノドグロ入りました/仕入れ/07年02月…暖冬では/お疲れ;; なんで?;;/やさしさライセンス/今年は築地/LA CHASSE(ラ シャッス)/久しぶりの神戸〜♪/出張寿司//DAL MATTO 西麻布/クラブ作りに励んでみる。/広島「かわとも」で魚!/銀座寿司処まる伊 赤坂みすじ/シホのグルメ日記-3 カウンター割烹『/★笑顔急騰!/家ご飯 菜の花入りペペロンチーノ
posted by nice_d at 12:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

キャベツ

アブラナ科。旬は季節ごとにあり、一年中出回る

キャベツのルーツは、有史以来にさかのぼるといわれる。その種類の多さも群を抜いている。球菜、甘藍、オランダ菜といわれる。日本へは18世紀の初め、オランダから伝わったとされている。
昔は観葉植物で、その後、品種改良がなされ、現在の球状になった。
一年を通して出回っているが、3〜5月の春キャベツは葉が柔らかく特においしい。

ビタミンCのほか抗潰瘍性のビタミンU、アミノ酸が多く含まれている。ビタミンUは熱に弱いので、湯通しは短くしたい。

関連ページ一覧
俺とお前と坊主/今晩の献立/ヘルシーな夕食!/今日の晩御飯/豚バラ丼♪/ダイエットはいじめか?/今日のばんごはん。/GIRL's NIGHT/キャベツのカレー/[日記]知ってたか/お赤飯(2歳3ヶ月夕食/飯島愛が苦しむ、腎盂炎/[ゴハン]お寿司屋さんでも/おばちゃん化?/ボーノのお家ごはん「肉団子/夕飯
posted by nice_d at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

もやし

主に豆科の種子を発芽。旬は特になく。1年中出回っている。

もやし豆、大豆、小豆などの豆類を用い、むしろで覆うなどして人工的に発芽させたもので、葉緑体を持たず、細胞壁も厚くないので、アクがなく、やわらかい。
市場に出回っているのはほとんど、大豆、リョクトウ(緑豆)。

大豆のほうを長もやし、緑豆のほうをカリもやしという。人工的に作られるので1年中出回っている。もやしには良質のタンパク質が含まれている。

軽く茹でて鰹節をのせポン酢で食べるとおいしい。
posted by nice_d at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

レモン

ミカン科。旬はとくになく、一年中取れる。

ビタミンCの代名詞のようにいわれるレモンは酸味が強く、酸性食品と思われがちだが、じつは梅干し同様アルカリ性食品です。
原産地はインドだが、主産地はアメリカ、イタリア、スペインなど。日本には明治初期に入ってきたが、寒さに弱いため栽培に適さず、静岡、広島、四国で少し生産されている程度。主にカリフォルニアから大量に輸入される。

成分のビタミンCやクエン酸が内臓の働きを活発にさせ、疲労回復やスタミナ増強にも役立つ。レモンパックやレモン風呂など美容、健康にもよいとされる。

新鮮なレモンは、形もよく光沢があり、皮が薄く滑らかで、手に持ったとき重く感じる。

輸入品には農薬がかかっている可能性が高いので皮はよく洗ったほうがよいでしょう。

関連ページ一覧
スキンケア リップケア スティック型 ロート製薬/☆びたみん☆/*花粉症対策食品いろいろ@RSP/CCレモン/ビタミンCの爆弾/白内障予防にビタミンC/マタニティ・ママ マタニティ食品 飲料/☆こだわりの美容液☆/2/22☆コメント返信☆/ほっとレモン/サプリより食事で/ビタミンCで白内障が予防できるか/今日のカクテル〜ホワイトレディ/ください 激安通販/♪タコとブロッコリーの炒めもの♪/ビタミンC:白内障を抑える効果/ビタミンCに白内障を抑える効果/新商品!ビタミンC。[歯科/栄養・健康ドリンク 機能性ゼリー/スンジョウ★/ハーブティー Vol.1/ナンテ土産ダ(爆)/静岡のみかん♪/栄養・健康ドリンク 機能性ゼリー/鶏胸肉とブロッコリーのサラダ/柑橘系の精油/次は風邪に効く食べ物について/冬は柚子茶だね/みのキャベ/ビタミン/アミノ&コラーゲン効果/またまた風邪
posted by nice_d at 13:47| Comment(0) | TrackBack(3) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

サラダ菜

キク科。旬は早春。葉が薄く、ねじれたものは歯触りが悪いため選ばない。

サラダ菜は、文字通りサラダに入れて生で食べる。あくまでも添え物だが、濃い緑色はサラダ全体の彩りをよくする。

春菊と同じキク科の野菜で早春が旬である。消費地は東京など都心部が中心で、鮮度が何より要求される野菜のため、その周辺が生産地となる。原産地は、アジアから西欧まで広域にわたっている。古代から食べられたといわれ日本には平安時代あたりに伝わってきた。

古くからある野菜のわりには、今ひとつなじみが薄いのは、あまり特徴がないため。しかし、考えようによってはクセがなく、脇役としてはとてもよい野菜だ。

ビタミンA(およびカロチン)を多く含み、鉄分も豊富。血肉を作るほか、目にもよい。葉全体に油を強いたような光沢とみずみずしさがあり、緑色が映える物がよい。葉が薄く、ねじれているものは避けたい。

関連ページ一覧
収穫(サニーレタス、青梗菜)/菜っ葉が大好き!/メイのしこりと2日間の/2月26日のごはん 久々の/2月27日のお弁当/お弁当:チキンナゲット 他/わが家の庭に春が来た/エビフライ 菜の花のツナクリームソース和え/ふんわり卵のポケットサンド弁当\(^o^)/ガーデニング 種子 野菜 葉茎類/8日ぶりに畑へ/新居初夜(*´ェ`*
posted by nice_d at 11:39| Comment(3) | TrackBack(4) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

蕗の薹(ふきのとう)

キク科。旬は冬。自生ものよりビニール栽培のほうがやわらかい。アク抜きを忘れないこと(苦みが強すぎ食べられない人もいる)

早春、雪が残る野道を歩くと、ひっそりとしろと黄色の花が咲いている。目立たないため、見過ごしてしまいがちだが、春本番間近を告げる付記であり、なぜか気持ちをなごませてくれる。

フキノトウには雄株と雌株があり、両株とも食用になる。ちょっと苦みのある味と自然を感じさせるにおいは心を浮き立たせる。

野やあぜに自生する野生のものは、やや堅めのホウ(うろこ状に重なったつと)に包まれている。ビニール栽培のもののホウはやわらかい。また野生種に比べ、大ぶりに改良さされている。
野生種のホウが情緒があるうえ、一般に芳香もある。ホウをはがし、天ぷら、味噌の汁の具にするのものし、刻んで甘辛みそあんにして酒の肴にするのもおいしい。

関連ページ一覧
狂った季節/春を感じる/閑話休題:昨日の日記の続き</蕗の薹/山小屋通信(2/25)/あわび肝の塩辛/ちょっと宝登山まで。07/02//Exhibition Vol381/春の兆し/蕗のとう No.2/フキノトウ発見/ふきみそ/フキノトウ/春の香り/今日の晩ご飯/春は来たの?、/教えてくださぁい/暖冬異変対策/吉野梅郷より/春の味覚/福寿草ふたたび/小樽!2/砂糖を使わないフレンチトースト&/香港、セントラル、「はる」/ひょっこりと/玄関先の自然/「春」見つけた!/早春の使者/ご年輩/[タイトルなし]/2007-02-23/埼玉夫婦殺害事件の謎!/大池・お幕場ウオークと3/実家にて。/雪降らぬ 冬から春へ/雪降らぬ 冬から春へ/towa風ビーフストロガノフ♪/春到来!
posted by nice_d at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

苺(いちご)

バラ科。旬は冬から春。色つやが悪く、へたの色がくすんだものは選ばない。

キリスト教社会ではイチゴは正義のシンボルだ。ビタミンCの宝庫でもある。百グラム中に八十ミリグラムも含まれていて、くだものの中ではトップクラス。ビタミンA、B、ミネラルも多く、美しい肌を保つ。原産地は南アメリカ。

日本へは江戸時代にオランダから伝わったので、オランダイチゴが正式名称になっている。茎は地面をはって伸び、白い可憐な花を咲かせ、『万葉集』などにも登場している。

静岡県久能山の石垣イチゴは一世を風靡したが、今人気があるのは栃木の「如峰」と福岡の「とよのか」。ビニールハウス栽培でクリスマスの頃もあるが、うまい露地物は二月から五月が旬。

新鮮で形がよく、大きめのものを選ぶ、糖分が少なく、自然の甘酸っぱい味を満喫できる。摘み取ったそばから腐りが進といわれ、一日で鮮度が落ちる。その日のうちに食べないと、せっかくの味覚がだいなしになる。

関連ページ一覧
我が家の梅、他/マネケンサンバ。/納豆があ!!/ランチバイキングのお知らせ/いちご/しまった・・/休日の午後・・・・/市内にこんなに大きなイチゴ狩り園が/秘密の芋虫(3)/スキー合宿/メロン王子!?
posted by nice_d at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

浅葱(あさつき)

ユリ科。旬は春先。ビタミン、タンパク質、無機質をたっぷり含む。疲労回復の効果がある。

原産地は中国西部とされているが、日本の山野にも古くから自生し、平安中期の『和名抄』にも出てくる。江戸時代には球根は刺身の薬味にも使われていた。アサツキはネギ類の一つでもあるが、小ネギといわれるくらい、ネギの中では一番細い。

早生種(鬼アサツキ)と晩成種(ハツ房アサツキ)があるが、本来は後者。2〜5月に出回るアサツキの香りは、春の季節感が楽しめるし、味もよい。その頃が長ネギの端境期である。

栄養面ではニンニク同様にあり心という物質が含まれており、胃腸の粘膜を刺激して、消化液の分泌を促進するので消化、吸収をよくする。調理する際は加熱しすぎないこと。歯ごたえ、香りが落ちてしまう。
posted by nice_d at 09:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。