2007年02月23日

韮(にら)

ユリ科。旬は早春から夏。ニラは昔から、消化を促進し、内臓を温め、血液を浄化するといわれていた野菜。

レバー炒め、餃子には欠かせないニラは、スタミナ源として人気がある。ユリ科の作物で、独特の臭いはニンニクと共通するものがあり、胃袋を刺激する。

ビタミンA,B2,Cを多量に含み、栄養価が高く、精力増進にも役立つ。肉の臭みを消すといった作用もある。
原産は中国とされているが、『古事記』や『万葉集』にも「みら」として登場しているから、日本にもかなり古くから伝わったようです。「ふたもじ」の異名もある。

ハウス栽培で、一年中生産されるようになったが、旨い露地物の旬は二〜三月の早春。おもな産地は埼玉、千葉、群馬、高知など。

病人やお年寄りにもよいニラ雑炊、ニラ玉など食べ方はさまざまだが、昔から薬草としても知られている。整腸を促し、カゼにも効くとされている。

ニラの臭いは梅干しを食べると消える。
posted by nice_d at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

早食いはいけません

戦国時代には一寸先は闇「早食い、早グソ、早走り」が武士が戦場で生き残るための知恵でした。
つまり、戦場はいつ敵が来襲するか分からない。食事も早くすませ、出陣の準備に取りかかりました。

しかし、この「早食い」は身体によくないことは現代では当たり前です。なのに、仕事が忙しかったり少しでも長く休憩したいとやってしまいますよね。がく〜(落胆した顔)

でもよく考えてください。
「早食い」をするから「大食い」になってしまうと思いませんか?
要するに脳に「お腹がいっぱいになりましたー」の情報が伝わる前に食べ過ぎてしまいます。

ゆっくり食べるとその情報が食べるのと同じように伝わるので食べすぎにならないのです。わーい(嬉しい顔)
おまけに満足感も得られるのです。るんるん

で、どうすれば「早食い」にならないで済むのか・・・

ひらめきそれは、感謝して食べるのです。ひらめき

今日もおいしいご飯を作ってくれてありがとうと感謝しながら食べると自然とよく噛むようになります。

今日から試してみてください。
posted by nice_d at 10:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。