2007年03月23日

胡麻和え(ごまあえ)

ゴマ科。ゴマはゴマ科の香辛料。

健康食品ブームの中で、不老長寿のもととして見直されているのがゴマ。白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマがあり、原産地はアフリカといわれる。日本には中国から伝わった。

ゴマには質のよいリノール酸など不飽和脂肪酸が含まれ、コレステロールを取り除き、動脈硬化の予防になる。抗酸化作用をするビタミンEも多く、栄養価も高い。肌を美しく保つ効果もある。

十分にすりつぶしたゴマに、醤油で調味した野菜類を和えたものを、胡麻和えという。野菜はホウレンソウがメジャー。その他にも、コマツナ、シュンギク、セリ、タラの芽、ウドなどが使われる。

ゴマは十分にすらないと消化、吸収されない。また、いってから用いるのが原則。最近はスーパーに煎りゴマがあるのでそれを食べる前にするといい香りも広がりうまさが倍増する。

ドレッシングのかわりにポン酢とすりゴマを野菜にかけて食べてもおいしい。
posted by nice_d at 07:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

針魚(さより)

サヨリ科。旬は春。別名ハリウオ(針魚)

日本海沿岸、台湾などに多く分布する。30〜40センチ級の大型のサヨリをカンヌキ、ヨド、スズ、ハリウオ、クチナガなどともいう。

脂がのったカンヌキは高級魚で、100グラムを超えるものになると相当高値で取引される。その刺身を糸づくりといい、なかなか食べられるものではありません。

店頭に並んだサヨリは、腹部が銀白色のものが鮮度が高い。ココが褐色になっていると古い証拠。
posted by nice_d at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

太る原因

カロリーの摂りすぎ、運動不足、代謝機能の衰え、ストレス解消ができないなどが原因の場合が多い。

よるになると何か食べていないと落ち着かず、いつも何かを食べてしまう人が増えています。
帰宅途中にコンビニによって大量の食べ物を買って、昼間の仕事のイライラを晴らすのが目的です。運動不足などの原因に加え、ストレスが原因の場合が多くなっています。

次の項目にどれくらい当てはまるかチェックしてください
●ジュース、コーラなどの甘い飲み物が好き
●スポーツドリンクは身体にいいのでよく飲む
●酒が好きで毎晩飲む
●残りものにまで手を出す
●油っこい料理が好き
●味付けの濃い料理が好き
●毎日、2食は外食する
●早食い
●朝食を抜く
●夜、寝る前に食べる
●食事時間が不規則
●不眠、熟睡できない
●便秘がち
●運動不足
●食事は食べられれば何でもいい
●ストレスが解消できない

あなたはどれくらい当てはまりましたか。
半分以上当てはまる場合は痩せているようでも内臓脂肪がたまっている可能性大です。

肥満は、感染以外の病気の原因であるといってもいいくらいです。
食事に関心を持つ、運動する、ストレス管理を積極的に行いましょう。
posted by nice_d at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットのために走っても痩せない

ダイエットのために走っても痩せないのはなぜでしょう

これには、いくつか問題があると思います

●すぐに体重は落ちません

1週間で何キログラムも体重が落ちるものではありません。
1週間で激ヤセするのは食事制限をするからなので、食事制限を
しないランニングでは体重の変化が起こるのに2週間ほどかかり
ます。
それも1kgとか1.5kgのように少しずつです。


●一度体重が落ちたあと体重が横ばいで推移します

2kgほど体重が落ちた後、毎日運動をしているのに体重の変化
が起こらない期間があります。
この期間(約10日〜2週間)では、身体が生まれ変わっていま
す。
運動をすることによって体脂肪が落ちるので今までよりもっと効
率よく食べ物を吸収しようとします。
また、筋肉を使うようになるので、吸収した栄養を筋肉の発達・
修復に上手に使えるようにもなろうとしています。
この身体の生まれ変わりが一段落したら体重が少しずつ落ちてい
くでしょう。


●走る回数が少ない

最初の1週間は頑張って走ったけどあとは週1回
これでは、痩せないでしょう。
どうしても痩せたいならランニングを30分週3回程度するか、
食事を今の量より減らしてみてください。
食事を減らすときには、まず揚げ物、肉を食べないようにして野
菜を多く食べるようにしてください。


●体重が1ヶ月以上かわらない

体重が変化しないのは、あなたの身体が今の運動に対応できてい
るからです。
長期間同じことを繰り返していると身体はそれに慣れます。
慣れると、変化は起こらなくなります。
ここからは、体重だけでなく体脂肪率も痩せることに目安になり
ます。一度体脂肪率を測ってください。

体重を減らすのではなく、体脂肪率を減らすようにしていきます。
ランニングでは坂道を上る、腕を引くことを意識して走ると体脂
肪率が落ちてくるでしょう。


ランニングで特に注意しておきたいのは、腕振りが大切なことで
す。
ランニングに腕は関係ないだろうと思ったら大間違いです。
腕振りが脚の次に大切なのです。

腕を引くことに意識することで上半身も使うようになります。
この上半身を使う走り方は背筋が伸びていなければできません。

背筋を伸ばすには、頭が上から吊られている感じで立ってみてく
ださい。下腹に力が入りお尻が前にでます。
これを、骨盤を立てるといいます。
そうすると背骨が伸びて姿勢がよくなります。
こうなってはじめて腕を引いたときに脚が前に出るようになります。

そして、腕が引けるようになると胸の周り、背中、お腹、腰回り
の筋肉を総動員するようになるので、より多くの筋肉を使うよう
になり消費エネルギーが増えます。また、その周りの脂肪も燃焼
します。
さらに嬉しいことに、ランニングが今までより楽になります。

体重が減らないからとランニングを諦めるのではなく、少し工夫
してください。工夫の繰り返しがあなたの身体をシャープにする
のです。
posted by nice_d at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

鹿尾菜(ひじき)

ホンダワラ科。旬は春から夏。海中では黄褐色。乾くと黒くなる。

ヒジキの古名は、ヒジキモ、ヒジキモノといい、その形が鹿の角ににているところから鹿尾菜と書く。
産地はおもに北海道以南の太平洋沿岸と壱岐、対馬付近に分布し、日本海沿岸には少ない。潮の干満の差が大きい沿岸で取れ、3月から4月頃鎌で刈り取る。

ヒジキには、ヨードをはじめ灰分などの成分が多量に含まれているので、血管の硬化を防ぎ、常用すれば歯も丈夫になる。昔から妊娠するとヒジキを食べるようにといわれたが、胎児の骨の発達をよくするなど、色々の効能がある。

また、常用すると髪の光沢もよくなるといわれている。
(髪の毛が増えるわけではありません)
posted by nice_d at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

アルファルファ

マメ科。旬は特になく1年中出回ってる。水につけすぎない。

アルファルファは西南アジアが原産地。食用にするのは幼芽。もやしのように青臭さがなく、そのまま生でドレッシングで和えて食べられる。

ヨーロッパでは牧草として「ルサーシ」と呼び、牛や馬に食べさせていた。タンパク質、ビタミンC、食物繊維などを含んでいることから、健康食品としても注目されるようになった。

家庭でも簡単に栽培できる。スーパーや園芸店で種を買い、トレーや果物、カイワレなどのポリ容器に穴を開け種を入れて受け皿に置き水を与えて(通す)黒い布をかぶせる。1日に3、4回水を与えると芽が出てくる。数センチになったら食べられる。
posted by nice_d at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

鰊(にしん)

ニシン科。旬は春。春告魚(はるつげうお)と呼ばれる。数の子はニシンの卵巣。

ニシンは、ニシン科の寒冷魚で、体長は30センチくらいになる。北日本から北米、北欧にすむ。東の魚という意味で鰊の時があてられる。3〜5月頃、北海道の東岸付近を中心に産卵にくる。この頃が旬。
かつては年間100万トンも取れ、北海道では、ニシン御殿が建てられた。現在日本での漁獲量は激減し、ほとんどが輸入品に頼っている。

ニシンは塩焼き、昆布巻き、鍋物にする。天日に干したものが身欠きニシンで、タンパク質、脂肪、ビタミンBが多く含まれている。
posted by nice_d at 07:02| Comment(10) | TrackBack(1) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

筍(たけのこ)、竹の子

イネ科。旬は春から初夏。堀たて直後はえぐみがなく生食できる。

タケノコは古名をタカンナという。食用にされる大半のタケノコはほとんど中国原産の孟宗竹。孟宗竹は16世紀に鹿児島に渡り、全国へ広がったが、京都のタケノコが有名。

旬は3月中旬頃から5月はじめにかけての短期間。それ以後は、大きくなりすぎて、かたく、食用にならない。タンパク質、カルシウム、ビタミンB、Cを多く含む。

ごく新鮮な物は刺身で食べるとおいしい。あぶったり、ワカメと合わせる、味噌汁の具にする、和え物にするなど食べ方は多い。
posted by nice_d at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

缶詰(かんづめ)

缶詰の賞味期間は中身によってまちまち。保存食品だが、開けたらしたら器に移し保存する。

缶詰が考えられたのは18世紀末から19世紀のヨーロッパ。日本には明治初期にフランス人から伝わった。缶詰は素材も豊富でサラダ、ピラフ、スパゲティ、サンドイッチなどの料理に手軽に利用できる。

缶詰類は保存食品ですが、安心して長期間おきっぱなしにしておけば品質は落ちます。かといって新しければいいというものでもない。
果実のシロップ付けは製造後6ヶ月〜4年、野菜の水煮缶は製造後6ヶ月〜3年、魚介類の水煮、油漬け、味付けは製造後1年〜5年、蟹、海老、ホタテ貝など硫酸紙で包んであるものは製造から3年以内が賞味期限。
posted by nice_d at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

豚キムチ鍋

昨日の夜、ふと思い立ちました。

久し振りに肉でも食べようかと。

でも野菜も食べたいし、焼くと洗い物が増える・・・
などと考えながら何にしようかと思っていると

やっぱり鍋にたどり着くんですよね

豚キムチ鍋はカンタンでいいですよ。
味付け一切無し、キムチ、豚肉、水、があれば大丈夫。
あとはお好みでこんにゃくや豆腐を入れてもいいですね。

posted by nice_d at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。